2013年12月8日日曜日

この新聞記事がおもしろい ・ ”化粧する韓国人男性” 整形大国 韓国男性が目指す道は?


    
 顎ひげのある腕っ節の太い男が、手の平に化粧水を取って両の頬をたたく。「男たちよ、自分だけの強烈な個性を見出そう」。俳優のシン・イルリョンが出演した1980年代の男性化粧品のCMだ。


米国の俳優、 チャールズ・ブロンソンも韓国の化粧品CMに登場し、男性美を演出した。大学を卒業するまで化粧などというものに興味がなかったため、珍しい気持ちでCMに見入ったのを今でも覚えている。


子どものころ、冬になるとかさついた手に「アンティプラミン」(打撲の際に塗る軟膏)や「メンソレータム」を塗るのがせいぜいだったため、「男性が化粧」をするなど夢にも思っていなかった。


 20年前は、男性化粧品といえばカミソリやシャワーの後に塗るスキンローションやミルクローションがすべてだった。化粧品メーカーもシン・イルリョンとチャールズ・ブロンソンを巧みに起用し、「男らしさ」をアピールした。今では男性化粧品の目標は「きれいな男性」となっている。 


肌を白くする美白クリーム、目元と口元のしわをなくすクリーム、寝ている間に肌に張りを与えるナイトクリームやオイルが、男性用として登場したのだ。顔の角質や油、飲酒翌日のむくみを抑えるローションもある。


 ファッションと美容に金をかける男性を「グルーミング族」と呼ぶ。馬引きが馬のたてがみをくしでといたり、猿が毛をむしったりするのを意味する「グルーム」から来た言葉だ。グルーミング族は「容姿も競争力」と信じている。


「相手にもっと深い印象を与えるために化粧する」という。そして何を隠そう世界でトップを行くグルーミング族が、何と韓国人男性なのだ。昨年1年間で化粧品の購入に5600億ウォン(約540億円)を費やし、世界市場の21%を占めた。


 その証拠に空港の免税店に入ってみると、化粧品コーナーでは女性に負けず劣らず男性の姿をよく見掛ける。海外の化粧品メーカーが韓国人男性をターゲットに高麗人参の成分が入った化粧品を開発するほどだ。


軍隊の内務班(宿舎)のロッカーには、もはや日焼け止めは常識で、顔パックや鼻パック、かかとに付けて角質を落とすパッチなども入っているという。ある化粧品メーカーは、待ち伏せ訓練の際に塗る偽装クリームを開発、これが人気商品となった。男性化粧品を買う年齢も年々上昇し、20代、30代、40代の割合がほぼ等しくなってきた。

 米国のCNNが「韓国が世界で最もうまくこなすことベスト10」を発表した。韓流、インターネット、女子ゴルフ、働き虫、爆弾酒(焼酎とビールなどを混ぜた酒)、美容整形手術、そして「韓国人男性の化粧品文化」だった。特に韓国に「化粧する男性」が多いのは、容姿を優先する風潮のせいだろう。


ハンサムであってこそ大企業に就職でき、最高の伴侶に出会え、仕事も事業もうまく行くと思っている。激しい競争社会で生き残るための必死の「あがき」であるわけだ。最近テレビを見ていると、アイラインを濃くした男性芸能人をよく見掛ける。このままでは、色とりどりに化粧してアイシャドーを決め込んだ男性が町中にあふれる日も、そう遠くはないだろう。


池海範(チ・ヘボム)論説委員
朝鮮日報日本語版 2013年12月8日

1 件のコメント:

Mo Ni さんのコメント...

あなたが実際にあなたが何について話しているのかを認識するすべての人々とこれを共有するためのおかげでたくさん!ブックマークした。親切にも自分のウェブサイトと話し合う。
化粧品購入