2018年6月18日月曜日

嘘つきは泥棒の始まり・でも嘘はなくならない




人間社会には嘘はつきもの


・嘘から出た実
・嘘つきは泥棒のはじまり
・嘘八百
・嘘も方便
・嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる


上に並べたのは嘘がつくことわざの代表的なものですが、これらの他にも、格言や名言などまで範囲を広げれば、嘘がつくものは数限りなくあります。

それほど嘘は人間社会と密接に結びついているのです。

嘘が世の中の多くの話題をつくっている


最近の世の中は嘘が蔓延しています。森友問題、加計問題、日大アメフト問題、それに海を隔てたトランプ問題など、いずれも渦中にある人たちによるウソの発言が波紋を呼んでいます。

これらに加えて、大きな社会問題となっている振り込め詐欺。これこそ嘘が生み出す大きな犯罪です。


嘘と詐欺の関係


犯罪の一種にサギがあります。振り込め詐欺、寸借詐欺、結婚詐欺など、その種類は多様ですが、これらすべてが悪質な犯罪行為です。

こうした詐欺のもとになるのがウソです。つまりこれらのサギは嘘をついて人を騙すことによって成り立ちます。

ということは嘘がなければこれらの犯罪は成立しないことになります。

これで分かるように人がつく嘘こそ、多くの犯罪を生む原因になるのです。


詐欺は小説、映画の格好のネタになる


上述のように、いま世の中を騒がしている森友、加計問題、日大アメフト問題などは、いずれも関係者のウソが問題の発端になっています。

いずれもがマスコミに大きく報道され、人々の関心の的になっています。

人々がこうした問題に大きな関心を抱くのは、いずれも嘘が根底にあるからです。

要するに嘘は人々の興味を誘う格好の対象なのです。言い換えれば面白いこと、とも言えるのです。

面白いがゆえに、嘘はよく小説や映画のテーマに取り上げられます。

最近の映画でも大竹しのぶ主演の「後妻業の女」がありました。これは老人を騙す結婚詐欺の話ですが、とても面白い作品でした。

では小説では、どんな作品があるでしょうか。数々ある中で、特に忘れがたいのはシドニーシェルダンの「明日があるなら」です。


シドニーシェルダンの小説「明日があるなら」に出てくる詐欺の話


ベストセラーになった小説「明日があるなら」には名詐欺師が登場します。

その手口は見事なもので、これだったら誰でも騙されてしまうのでは、と思うほどの凄い手口です。

ここでは作中で使われた二つの詐欺の手口をご紹介します。

なお、この話は以前にもこのブログで取り上げたことがあります。



詐欺の手口(その1) ・みごとに騙された宝石店

ある宝石店にすごく珍しい高価な宝石が陳列されていました。その宝石は世界にひとつしかないという貴重なものです。

主人公の詐欺師はある企みをもって数万ドルもするその宝石を買うことにしました。

詐欺師はそれを購入してしばらくたって再び宝石店に出向き、無いことをを承知の上で、店主に「同じものをもう一つ欲しい」と伝えまいた。

当然のごとく「あれ一つだけで同じ物はありません」と店主が応えました。

先刻そのことは承知しており、詐欺師は店主に対してある提案をしました。

「どうしてもあれと同じものがほしいので、新聞に広告でも出して探して欲しい。値段はいくら高くてもいいから何としても探して欲しい」

値段はいくら高くてもいいと言うセリフに店主は食指を動かされ、早速広告を出して探すことにしました。

広告に提示された買取価格は驚くほど高価格であった。

その広告を確認した詐欺師は、今度は入念に変装をして先日その店で購入した宝石を携えて、別人になりすましてまた宝石店へて向かいました。

そして宝石をまんまと二倍の値段で売却したのです。

そしてホテルへ戻り、急いで身支度をするとチェックアウトして空港へ向かいその街を去ってしまったのです。



詐欺の手口(その2)・ ニセ札印刷機


主人公のところにある男が訪れてきました。

部屋には印刷機らしいものと、その機械の上には濡れた100ドル紙幣が何枚もべたべた張られていました。

男が不思議そうに訊ねました

「あれはいったい何ですか?」

「あああれねえ、先ほどあの印刷機で作ったばかりの100ドル札ですよ。まだ乾いてなくてねえ。ああして干しているんですよ」

「へえ、あの機械でつくった100ドル札・・。」

男はそう言いながら印刷機のそばへ近づいていき、100ドル札と機械を交互に眺めていました。

席に戻ってくると男はこう言いました。。

「それにしてもいいできですな。本物とまったく区別がつかない」

「気にいってくれましたか。どうですか。あれが乾いたら1枚進呈しますから、外で使ってみたらいかがかですか」

しばらくして男は乾いた100ドル札を手にして早速タバコを買いに外へ出ました。そして満面に笑みを浮かべて戻ってきました。

「タバコ店でもまったく疑われませんでしたよ。ほらこれタバコのおつり」男はそう言って釣銭をテーブルに広げて見せました。そして店主にこう言ったのです。

どうですか。私にあの印刷機を譲ってくれませんか。値段はお望みの金額で構いませんから。

主人公は男の言い分を飲んで100万ドルでその印刷機は売却しました。

そしてすぐさま事務所をたたみ姿を消してしまいました。

その機械というのは今はもう出回っていない古い複写機で、上に張っていた100ドル札は本物を水で濡らしただけだったのです。

2018年6月14日木曜日

マイブログ・2018年5月のアクセス数はアズユージャル


マイブログ「生涯現役日記」・2018年5月のアクセス数


わたしのブログ「生涯!!現役日記」はスタートしたのが2010年6月ですから、先月(5月)で丸9年が過ぎました。

期間最終月に当たる5月のアクセスは4255とアズユージャルなごく平均的な数字でした。またこの間の総アクセス数は437,632です。

しかしこの数字はどう評価されるのでしょうか。9年間のトータルとしての437,632及び月間4,255という数字は、一般的なブログのアクセス数としてはどのように位置づけされるのでしょうか。


他人のブログアクセス数の確認は難しい


常々思うのですが、世の多くのブログはなぜアクセス数をはっきり表示しないのでしょうか。

ブログの多くにはアクセスカウンターのサービスが付いていて、その表示は簡単にできるはずです。

ブログを読んでいて、良いとか悪いとかの判断はできても、そのブログのアクセスの数を知ることは簡単ではありません。

もちろんアクセスカウンターを付しているものなら、それを見れば簡単に数を知ることはできます。しかし、なぜかアクセスカウンターの付いたブログは少ないのです。

いたって簡単につけることのできるに、なぜこれほど少ないのか、理由は定かではありません。

これは推測ですが、アクセスカウンターをつけていないブログが多いのは、アクセスが少ないブログをが多いことを意味しているのではないでしょうか。


何故アクセス数をはっきり表示しないのか


つまり、あまりにもアクセスが少なくて、その少ないアクセスを読者に知られるのが嫌で、アクセスカウンターをつけるのを躊躇っているのではないか、と思うのです。

ブログを運営する人にとって最も気になるのがアクセスの数です。したがって容易にそれが分かるアクセスカウンターはブロガーなら誰もがつけたいと思っているに違いありません。

でもそれにはある程度のアクセスがあってのことで、期待に反してあまりにもアクセスが少ないと、アクセスカウンターを断念せざるを得ないのです。


ブログはアクセス数こそが大事なはずだが


ブログを公開すると、そのアクセス数を知りたいのは人情です。なぜならアクセスこそがブログの評価そのものだからです。

ブログは自分の意見に対する世の中の反応や評価を問うものです。したがってそれがどのようなものであるかを知りたいのは当然のことです。

ブログの評価がなされるのがアクセスです。つまりアクセスが多ければ評価が良く、少なければ悪いことを意味するのです

したがってアクセスの意味するところを知っていれば、これが気にならないはずがありません。

このアクセスを簡単に知ることができるのがアクセスカウンターなのです。

とは言え、アクセスカウンターをつけなくても、本人はブログに管理サイトによってアクセスの数を知ることはできます。

問題はカウンターがないと他人がアクセス数を知ることができないことです。


アクセスが多いほどブログ継続のモチベーションは上がる


物事を継続してやり続けるために必要なのはヤル気です。このヤル気を出すために必要なのが動機付けとも言われるモチベーションです。

モチベーションは多くの場合上がるとか下がるという表現で使われます。上がるが良い状態で、下がるが悪い状態であることは言う迄もありません。

ブログを継続するためにはモチベーションが上がる必要があります。

こうなるために大切なのがブログのアクセス数です。アクセスが上がれば、それに連れてモチベーションも上がるのです。

ブログを継続するのは簡単なことではありません。期間が長くなればなるほど継続が困難になっていきます。

その原因はマンネリやネタ不足に陥ることです。それを突破して継続させる力になるのが、アクセスの数なのです。


ブログが消えていくのはアクセスが少ないから


いま日本にはいったいどれぐらいのブログがあるのでしょうか。驚くべきかな、その数は実に1700万件弱にも及んでいます。

しかしこれはブログ総数であって、現在稼働しているアクティブブログは20%弱の300万件余に過ぎません。

これで分かるように高い志を抱いて開設されたブログも、その80%以上が、やがては更新されない休眠ブログになっていくのです。

その原因の多くが期待したアクセスを得ることができなかったからです。それ故にブログ継続のためのモチベーションを維持することができなかったのです。


おびただしい数の休眠ブログ


上述のように、1700万件にも及ぶブログのうち、実に80%以上の1300万件以上は休眠ブログと呼ばれるか稼働していない(更新のない)ブログと化しています。

こうしたブログは死んだことになりますから早晩ブログの墓場へ葬られて消滅していきます。

新たにブログを開設しようと考えている方は、ブログの世界のこうした厳しい現実を直視して、失敗のないように臨んで欲しいものです。

2018年6月10日日曜日

思わず笑ってしまった ・ あるケチな老人の話


喪主の老人が葬儀社との交渉で言ったこと


これは光村図書から出ている「ベストエッセイ2015」に載っている作家の麻生鴨氏が「交渉」というエッセイの中で書いていることです

氏の祖母の葬式へ出席したときのことです。

無類のケチであることを自他ともに認めている喪主である祖父が葬式の費用について、葬儀業者と値引の交渉していました。

その交渉内容は驚くべきものでした。


≪交渉・その1≫お棺は段ボール製でも良いからなるべく安いものを


ケチな祖父は「燃やしてしまう棺桶に高級な木製はもったいないから段ボール製の安いものにしてほしい」と言いました。

段ボール製の棺桶とは聞いて驚きますが、果たしてそんなものがあるのでしょうか?

調べてみますと、段ボール製の棺は実際にありました。

エコ棺とも呼ばれているもので、材料になる森林資源を3分の2に抑えて、残り3分の1は段ボールを使用しています。

段ボールとは言え、強度や外観は木製のものとほとんど変わりません。

しかし、いまのところ需要が少ないため値段は木製のものと比べて特に安いとは言えません。

エコ棺のメリットは、エコの名の如く、1回の火葬で使用する灯油は従来のものの半分で、しかも燃焼時の有毒ガスを3分の2も減らすことができます。

ヒト用のものに比べてペット用のものは比較的普及が進んでいるため、価格もリーズナブルな数千円台のものが多いようです。

祖父は値段が木製のものと変わらない、と聞いてしぶしぶ諦めたようです。



≪交渉・その2≫霊柩車はもったいない、代わりに自宅のバンを使ってもいいか



ケチな祖父が次に持ち出したのは霊柩車です。

短い距離を走るだけなのに霊柩車の値段は高すぎる。代わりに家のバンを利用することはできないか。

これには葬儀社の人も返事に窮したようでしたが、結局、葬儀社からは「そんな例は過去にもないし、規約にもないのでご要望には応じかねる」と丁寧に断られました。


≪交渉・その3≫祭壇も花も もったいないから要らない



祖父は祭壇は必要ないと言います。それに花もすぐ捨ててしまうので、もったいないから要らないと言います。

これについては、できるだけ質素にするからと言って、なんとか納得させました。


≪交渉・その4≫お坊さんのお経は長さを半分にして金額を負けてほしい、それが無理なら声を小さくして、その分安くしてほしい


最後に祖父が言ったことは、ケチの面目躍如とも言えるような、驚くべきことです。

なんとお坊さんのお経の値段を値切るのです。それも単に負けてくれ、と言うのではなく、お経の長さを半分にして、その分値段を安くしてくれ、と言うのです。

これには葬儀社もあきれてしまいましたが、お経が全部やってこそ成り立つもので、半分だけでは意味がない、と突っぱねられました。

祖父はそれでも負けてはおらず、それが無理ならお坊さんのお経の声を小さくして、その分お布施に値段を安くしてくれ、と言うのです。

これには皆、腹を立てるのを忘れて大笑いしてしまったということです。

ケチもここまでくるとユーモアになる、としか言いようがありません。


(参照)麻生鴨 「交渉」光村図書「ベストエッセイ2015」収録


2018年6月6日水曜日

このエッセイ集がすごい!これぞ珠玉のエッセイ36編 ・ 書評 「直木賞受賞エッセイ集成」 文芸春秋


直木賞受賞実力派作家36人による名文集


分厚い読み応えのある本でした。

それもそうでしょう。36人の作家が一人20枚もの原稿を書いているのです。

単純に計算しても20×36=720ですから、400字原稿用紙720枚の量になるのです。

これは普通の本の2冊分に当たります。

量だけではありません。質の方も負けてはおらず、下の収録内容が示す通り、まさに滅多にないほどの珠玉の名編揃いなのです。

収録作品はこれ

  • 愛憎のイナズマ / 山本文緒 []
  • 「早稲田文学」のこと / 重松清 []
  • 母親の顔 / 藤田宜永 []
  • 今までも、これからも / 唯川恵 []
  • もうひとつの『あかね空』 / 山本一力 []
  • 残したい情景、残したくない自分 / 乙川優三郎 []
  • 人には〈幸福とは呼べぬ幸せ〉を選ぶ自由がある / 村山由佳 []
  • 一九九六年四月、牡羊座の運勢は / 石田衣良 []
  • 恋愛は無敵だと書きたい私としては / 江國香織 []
  • やっぱり、日本的なものが好きなんです / 京極夏彦 []
  • 十年経って言うのもなんだが / 奥田英朗 []
  • わがままであまのじゃく / 熊谷達也 []
  • 書くこと、旅すること / 角田光代 []
  • あのカバンの意味を探して / 朱川湊人 []
  • 楽しいゲームでした。みなさんに感謝! / 東野圭吾 []
  • 父に捧ぐ / 森絵都 []
  • 生きるとは、本を読むこと / 三浦しをん []
  • 「受付の人」が引っ込んでから / 松井今朝子 []
  • 絶望が花よ / 桜庭一樹 []
  • ずっといる / 井上荒野 []
  • 思い起こすままに / 天童荒太 []
  • 本のある家 / 山本兼一 []
  • どこ行くの / 北村薫 []
  • 卵の殻のむけるまで / 佐々木譲 []
  • 何もかも全部、小説のせい / 白石一文 []
  • いつでもどこでも書いていた / 中島京子 []
  • いい気になるな / 木内昇 []
  • 小さなノートといっしょに失くしたもの / 道尾秀介 []
  • 田舎育ちの乱歩好き少年 / 池井戸潤 []
  • 青春という闇の匂い / 葉室麟 []
  • 十七歳のサイン会 / 辻村深月 []
  • ルーレットの目 / 朝井リョウ []
  • 道中四景 / 安部龍太郎 []
  • 愚かで愛しい時間 / 桜木紫乃 []
  • 毛玉たちへ / 朝井まかて []
  • 原稿用紙に書く前 / 姫野カオルコ []



36人の作家・渾身のエッセイ


作家は小説だけでなくエッセイもよく書きます。でも上手な小説が書ける人がエッセイも上手かと言えば、それは少し違うようです

こちらが期待して読んだ作品がつまらなくて失望することも時にはあります。

作家と言えどもいつでも読者を満足させる作品を書くことはできないのです。

その原因はテーマの選択ミスであったり、書くタイミングの問題などいろいろあるでしょう。

とは言え、稀ではありますが、アンソロジーとして1冊にまとめられたエッセイ集のすべての作品が素晴らしい本も中にはあります。この本がまさにそれに当たります。

ここには上に挙げたリストのとおり36人の作家のエッセイが1篇づつ収められていますが、そのすべてが優れた作品なのです。

これほどの作品が一堂に会すると、中には、不出来な作品が混じっていても不思議はないのですが、それがないのです。

すべての作品が作者が精魂を込めて書いた名エッセイなのです。

まさに稀に見る珠玉のエッセイ集と言っても過言ではありません。


なぜこれだけすばらしい作品が書けたのか


このエッセイ集を読んでいて強く思うことは、よくもこれだけすばらしいエッセイばかり36篇もそろったものだ、ということです。

それにしてもなぜこれほど素晴らしい作品ばかりが書けたのでしょうか。それはこの本のタイトルを見ればわかります。

あらためて眺めてみますと、この本のタイトルは「直木賞受賞エッセイ集成」となっています。

これで分かるように、ここに収録された作品はすべてが直木賞受賞者が執筆したものです。

しかも受賞記念エッセイとして文芸春秋発行の「オール読物」誌上に掲載されたものばかりなのです。

直木賞を受賞するような作家ですから、言うまでもなく実力派ぞろいです。

その実力派作家が直木賞受賞を記念して書いたエッセイですから良い作品でないはずがありません。

どの作家も受賞の感激もあって、執筆意欲は最高潮に達していたはずですから、おのずと良い作品が生まれるのです。

つまり、モノを書くタイミングが良く、それに旺盛な意欲が重なり、それが相乗効果となって、その結果良い作品が生まれたのです。

作家と言えども、いつも良い作品が書けるわけではない


上でも書きましたが小説の上手な著者が書いたエッセイが必ずしも良い作品とは言えません。

時には、こんなつまらない作品があの作者が書いたものだろうか?と、読んで落胆することもあります。

でも文章のプロである作家がなぜつまらないエッセイを書くのでしょうか。

思うに、その原因は二つあります。一つは作品を多く書き過ぎてネタ切れになっているのです。

エッセイのネタは何でもいいわけではありません。読者を惹きつける面白いエッセイを書くためには、材料であるネタが良くなくてはいけません。

もう一つの理由は原稿に締め切りにあります。人気作家はいつもたくさんの仕事を抱えています。

週刊誌や月刊誌の小説やエッセイの連載物、書下ろし小説、などいつも大量の仕事を抱え締め切りの追われています。

そのため締め切り間際になった時など、時間に追われ、つい不本意な内容の作品を書いてしまうのです。


エッセイで20枚を書くのは難しい


エッセイはよく読む方ですが、これまで読んだものに原稿用紙20枚にも及ぶ長いものはいそれほどありませんでした。

たいていは4~5枚、長いものでも8~10枚が良いとこです。

でも今回は36人の作品すべてが400字詰め20枚の長い作品ばかりなのです。


この作品を後に読んだ「ベストエッセイ2015」と比較してみた



直木賞受賞エッセイ集成がいかに優れた本であるかを証明するために、同じようなアンソロジー型の他のエッセイ集と比較してみることにしました。

比較の対象に挙げたのは最近読んだ「ベストエッセイ2015」です。

この本の概要は以下になります。

・収録作品 76
1篇 2000~8000文字
・日本文藝家協会編
・編集委員 門田光代、林真理子、藤沢周、町田康、三浦しをん
・光村図書

この本は作家に限らず、2014年度にあらゆる新聞、雑誌に取り上げられたエッセイから上記選考委員によって選ばれた作品が掲載されています。

読む前は「直木賞受賞エッセイ集成」同様に面白い作品ばかり載っているのだろうと、期待していました。しかしその期待は外れました。

全76編のうち、良かったと思われるものはわずか10作品程度で、まあまあ、が30作品ぐらい、残りはどうでもいいような、いわば駄作とも言える作品でした。

要するに「直木賞受賞エッセイ集成」に比べて、大きく見劣りがしたのです。

この比較の結果からも、「直木賞受賞エッセイ集成」がいかに優れているかがよく分かります。