2018年7月11日水曜日

本田圭佑選手の 「きよきよしい」 を笑ってはいけない ・ 清々しいを正しく読めない人は少なくない


本田圭佑選手の 「きよきよしい」 はインパクトのある話題だが


サッカーの本田圭佑選手が清々しい(すがすがしい)を、きよきよしいと読んだことが巷を騒がせていますが

ちょうどワールドカップの時期と重なったため、余計に人々の関心を買うニュースになったようです。

要するに本田選手の漢字の読み違えなのですが、これを冷静に考えてみますと、たまたま本田選手であっただけで

今回の日本代表のサッカー選手の中にも、同じように清々しいを正しく読めない選手は他にもいるのではないでしょうか。

いやサッカー選手に限らず同年輩の20代~30代前半だと、清々しいを正しく読めない人は多いのではないでしょうか。

そんな人がどれくらいいるかと言えば、少なく見積もっても全体の3分の1ぐらいなのでは、と推測できます。


大学生ならどれくらいが正しく読めるのだろうか


学力が低下していると言われている昨今の大学生ですが、恐らく漢字を読む力も劣っているに違いありません。

今の大学生に清々しいを正しく読める人はどれくらいいるでしょうか。

恐らく本田圭佑選手と同じように、きよきよしいと読む人は少なくはないはずです。


漢字を知らないのは本を読まないから


清々しいに限らず、今の若者は一般的に字を知らない人が多いようです。その最大の原因は本を読まないからです。

漢字の正しい読み方を覚えるにはその字に慣れることが必要ですが、そのためには多くの活字に接する読書が最も効果的です。

ところが最近の調査でも分かったように、最も本を読んでしかるべき大学生ですら、半数以上の学生が1日の読書時間がゼロだというのです。

つまり読書を全くしない学生が半分以上いるのです。これでは字を知らない若者がたくさいてもなんら不思議はありません。


40過ぎての漢字の読み違えは致命的


何事でも若い時の失敗は許されます。恥は若いときにかけ、と言われるように、ヒトは恥をかくような失敗を重ねながら成長するものです。

したがった若い時の失敗に対しては周りも寛大です。しかしそれも年齢が増すに従って、周りの目は厳しくなります。

ということは、もし本田圭佑選手が40歳を過ぎていたら、世間は今回のように寛大には見てくれないはずです。

つまり、40にもなって、こんな読み違えをするとは、と言って、周りの人たちは軽蔑のまなざしを送るに違いありません。


団塊の世代を「だんこんのせだい」と読んだ人がいた


漢字の読み違えに関したは忘れられない思い出があります。

40になったばかりの頃のことですが、その頃勤めていた会社での研修会でのことです。

講師を務めていた私とそれ程年齢の違わない上司に当たる人が、研修のテキストを読んでいるとき、団塊の世代という用語が出てきたのですが、驚くなかれ、彼はそれを「だんこんのせだい」と読んだのです。

それを聴いて参加者が驚いたのはもちろんのこと、聴く側が恥ずかしくなるような思いでした。

いったいなんとしたことだろう。40を過ぎた講師を務めるの上司が、こんな漢字も知らないとは、と、他人事ながら、とても恥かしい気持ちになったのです。

もちろんその場では誰も間違いを指摘したりはしませんでした。しかし、この上司は、漢字を知らない人として、後々まで部下の記憶に残ったのです。


政治家でも漢字を知らない人がいるではないか


本田圭佑のように若いスポーツ選手だと漢字を知らなくても許されます。しかしこれが最高の知性を必要とする国会議員のような政治家の場合はどうでしょう。

そもそも国会議員が漢字を知らないとは考えられません。なにしろ国会議員は有名大学を出たエリートの集まりですから、字を知らない人など皆無のはずです。

しかし現実はそうではありません。彼らの中にも漢字音痴がいるのです。

その最たる人が麻生太郎財務大臣です。今では同氏の漢字音痴ぶりは有名です。

ネットには麻生氏の漢字音痴ぶりを伝える情報が多数出ていますが、次にご紹介するのもその一つです。

(麻生氏が読み間違えた漢字一覧)  ※出典・ネタフル


・怪我-かいが
完遂-かんつい
焦眉-しゅうび
順風満帆-じゅんぷうまんぽ
措置-しょち
思惑-しわく
低迷-ていまい
破綻-はじょう
頻繁-はんざつ
踏襲-ふしゅう
前場-まえば
未曾有-みぞゆう
有無-ゆうむ
詳細-ようさい

いかがですか。いずれをとってもそれほど難しい漢字ではありません。すべて高等学校までに出てくる用語ばかりです。

言う迄もなく麻生大臣は偏差値の高い有名大学の出身です。にもかかわらずこれほど漢字を知らないとは、いったいどうしたことでしょうか。

それ以前にこうした人でも財務大臣が務まることが不思議です。

2018年7月7日土曜日

「ブラック彼氏」という本も出ている ・ あなたの周りにいるブラックな人たち




「ブラック彼氏」とはどんな本なのか


一見すると漫画本のタイトルのようですが、そうではありません。失敗しない恋愛や結婚のために女性弁護士が書いたマニュアルのようなまじめな本です。

主要テーマは、ブラックな彼氏につかまって恋愛や結婚で失敗しないための対策が書かれています。

著者はブラック彼氏を次のように大別しています。 



(ブラック彼氏のタイプ)

・隠れモラハラ系
・隠れ浮気系
・隠れマザコン系
・隠れドケチ系
・隠れDV

どうですか、あなたの彼氏は上の五つのタイプに当てはまりませんか、これだけの数があれば、誰にでもどれか一つぐらいは該当するのでは、と影ながら心配しているのですが。

ブラック彼氏がいるのなら当然ブラック彼女もいる


あなたの彼氏が上の五つに該当しなかったと言って安心してはいけません。

なぜなら世の中にブラック彼氏がいるということは、ブラック彼女も存在してなにも不思議がないからです。

ブラック彼女はあなたも対象になりますが、果たしてその可能性はないでしょうか。

男性のタイプ例を参考にしながら自分自身をチェックしてみる必要がありますよ。


ブラック彼氏やブラック彼女はその後ブラック亭主やブラック女房に進化する


ブラック彼氏やブラック彼女は、当事者が気付き、別れるなど早めに対策が打たれればいいのですが、そうでなく気付かないまま関係がづづけば将来に大きな禍根を残すことになります。

なぜならブラック彼氏や彼女は、その状態のまま継続するのではなく、いずれ違う形に変化していくからです。

つまりブラック彼氏はブラック亭主へ、ブラック彼女はブラック女房へとなっていくのです。

ということは彼らが家庭を持ち子どもができれば、さらにブラックファーザーやマザーへと形を変えていくのです

そうなれば悪影響は配偶者だけでなく、子どもを含んだ家族全体に及んでくるのです。


最近話題になったのがアメフトのブラック監督とブラックコーチ


最近世の中を大きく騒がせたこととして日本大学アメフト部の問題があります。

しかし監督とコーチが共謀して相手チームのメンバーにケガをさせるよう自チームの選手に命じるとは、なんと恐ろしいことでしょうか。

日本を代表する名門大学でこんなことが起こるとはいったい誰が予想できたでしょうか。

人間とはこんなにひどいことができる動物なのか、と改めて思い知らされます。

これぞブラックの極みです。今回早めに追放できたのが不幸中の幸いです。


身の回りにブラックな人がいないかどうか総点検してみよう


ブラックな人は家族だけには限りません。職場にブラック上司がいる可能性もあります。また子供が通う学校にブラック教師はいないでしょうか。

一度身の回りに居る人を総点検してみる必要があります。

しかし嫌な世の中になったものです。この際いちばん大切なのは、あなた自身がブラックにならないよう心がけることです。





2018年7月3日火曜日

姫路港には海上保安庁の巡視艇が三隻も停泊していた

姫路港

姫路港には小豆島や家島へ向かう定期航路がある


何となく海が見たくなって、急に思い立って姫路港へ行ってみました。

すぐ近くにある港なのに、ここへ来たのは何年ぶりでしょうか。

前回来たのは確か10年以上も前だったように思います。

それだけに港の様子はすっかり変わっていました。

それもあり目にした風景はみな新鮮に映りました。

姫路港は地方都市の港だけに、それほど大きくはありません。

とは言え、小豆島や家島などへの定期航路のフェリーや客船が発着する港です。

着いてしばらくすると、家島方面からの小型の客船が到着し、乗客が10人ぐらい下りてきていました。

その中には観光客らしき人たちも数人混じっているようでした。


海上保安庁と兵庫県警の巡視艇が全部で5隻も


フェリー船乗り場の反対側に目を移すと、100メートルほど先に巡視艇らしく船が停泊していました。

目を凝らしてよく見てみると、船体には海上保安庁JAPAN COAST GUARD ぬのびき PC54と書いてあります。

これで分かる通り、沿岸を警備する巡視艇なのです。

さらに少し離れたところのは「ぬのびき」と比べて少し小さい巡視艇が2隻停泊していました。

それだけではありません。船体に兵庫県警と書かれた小ぶりな巡視艇らしき船が2隻ありました。

海上保安庁はともかく、警察が船舶を所有していることは初めて知り少し驚きました。

なお、海上保安庁のHPによれば、姫路港所属の巡視艇は次の4隻です。ここではそれらを写真入りでご紹介ます。


姫路海上保安部所属巡視艇


ぬのびきPC54
125トン 37メートル






ひめざくら(CL142
25トン 20メートル






ひめぎく(CL11
23トン 20メートル






わしかぜCL113
26トン 20メートル






海上保安庁には日本全国に巡視艇が454隻もある


地方都市の港である姫路港でさえ4隻の巡視艇があるということは、海上保安庁全体としてはいったいどれくらいの船舶があるのでしょうか。

海上保安庁は合計454隻の船艇を保有しています。

 その内訳は、巡視船 - 127. PLH- 14; PL- 47; PM- 38; PS- 27; FL- 1. 巡視艇 - 238. PC- 69; CL- 169. 特殊警備救難艇 - 63. などとなっています。

しかし海上保安庁だけで、巡視艇が454隻もあるというのは驚きです。

これに海上自衛隊の船舶を併せると倍近くの数になるのではないでしょうか。

さすが海洋国家日本と言えます。

(海上保安庁HP参照)

2018年7月1日日曜日

ナイス突っ込み! ・ あの突っ込みはお見事だった


街頭で耳にした絶妙な突っ込み


十人ぐらいの男女のグループが、ショッピングセンターのエスカレータに乗るときのことです。

グループの一人の女性がエスカレーターに乗ろうとする男性に「気をつけてね」と声をかけました。

するとその男性が、間髪を入れず「本当に心配しているのか?」と返しました。

どうですか?これは実に見事な突っ込みではありませんか。

普通なら、女性から「気をつけてね」などと言われたら、たいていの男性は「わかった」とか「ありがとう」などの言葉を返します。

ところがこの男性は素直な気持ちや感謝の気持ちを持ち合わせていないのか、とっさに「本当に心配しているのか?」という辛辣でインパクトのある言葉を返したのです。

これこそ絶妙な突っ込みと言え、それゆえに何とも言えないユーモアを醸し出したのです。

素人の人がこれほど見事な突っ込みができるとは驚きです。

ナイス突っ込み!と、声を大にして言ってあげたい気持ちでした。


漫才での突っ込みの役割は


漫才にはボケとツッコミの役割がありますが、ツッコミ役は相手のボケに対して、鋭く指摘したり、うまく合いの手を挟んだりします。

突っ込みは全体の流れを良く察して、笑いどころはどこにあるかを掴みながら話を進行する役割があります。

この勘所のつかみ方がこそが漫才の質(おもしろさ)を決定すると言っても過言ではありません。

普通の人の中にも突っ込みの上手い人がいる


突っ込みをいちばんよく耳にするのはテレビお笑い番組での漫才です。

さすがにプロだけあって、漫才の突っ込みには思わず「上手い!」と叫びたくなるような見事なものが少なくありません。

でも、上でも書いたように、突っ込みは漫才師だけのものではなく、一般の人の日常でも使われます。

もちろん漫才師のようなプロにかなう高等な技術のものではありません。とはいえ、中にはプロ顔負けの上手な人もいます。

そうした人たちはいったいどうして突っ込みが上手になったのでしょうか。

何か特別な訓練や勉強でもしたのでしょうか。

ツッコミのやり方を指導する本がある


突っ込みは一つの技術です。この技術を取得するためには学習が必要です

その学習のために次のような本が出ています。


最強のコミュニケーション ツッコミ術 ・ 村瀬 健(著)祥伝社新書



(この本の内容)

なぜ、お笑い芸人、なかでもツッコミ担当に社交的な人間が多いのか?

テレビ番組の司会者はどのように仕切り、進行させるのか?

放送作家・漫才作家として2000組を超える芸人を指導してきた著者が、徹底分析。豊富な事例と共に解説します。

ツッコミをコミュニケーションに取り入れると

場の主導権を握れる
・プレゼン・説明がうまくなる
・他人と違う着眼点が身につく

など多くのメリットがあります。

才能に左右されるボケに対して、ツッコミに才能は不要。努力と経験で上達可能なスキルです。

さあ、笑ってばかりいないで、いや笑いながら、最強のコミュニケーション、ツッコミ術を学びましょう。 


突っ込みは最強のコミュニケーション術

この本で日常のコミュニケーションにツッコミを取り入れよう! 


ツッコミをコミュニケーションに取り入れると、場の主導権を握れます。それにプレゼンや説明がうまくなり他人と違う着眼点が身につきます。

このように突っ込みにはいろいろなメリットがあります。

しかも才能に左右されるボケに対して、ツッコミに才能は不要です。努力と経験で上達可能なスキルなのです。

放送作家・漫才作家として、2000組を超える芸人を指導してきた著者がツッコミを徹底分析。豊富な事例と共に解説します。

さあ、最強のコミュニケーション、ツッコミ術を学びましょう。

                      本の紹介はAmazonより



2018年6月29日金曜日

このエッセイ集がつまらない ・ ベストエッセイ2014&ベストエッセイ2015


作品が面白くないのは作者が悪いのか、それとも読み手のせいなのか?


期待して読んだ本がそれに反して面白くなかったことはよくあることですが今回がまさにそれです。

こうした場合、面白くない理由は、著者にあるのか、それとも読み手の力量不足なのか、ということをまず考えます。

今回の本「ベストエッセイ2014」および「ベストエッセイ2015」の2冊はいずれも一人の著者によるものではなく、76名の著者によるエッセイのアンソロジーです。

掲載された作品の全部が悪いのではなく、良いものは良いものとして認めています。

したがって良い作品もあったが全体としては良くなかった、と判断したのですが、これは読み手の力量不足とは言えないのではないでしょうか。


選ばれたものなのに面白くない作品が多いのはなぜ?


今回の本のタイトルは「ベストエッセイ2014」&「ベストエッセイ2015」というものですから、誰でも期待して読むはずです。

しかしまったくの「看板に偽りあり」で、失望だけでなく、いろいろ疑問の残る作品です。

この本にはいずれも76編のエッセイが載っています。ベストエッセイ2014&2015の名の通り、前年(201314年)に発表されたエッセイの中から優れた作品として選ばれたものばかりなのです。

おそらく膨大な数の中から選ばれたのでしょうから、読者としてはよい作品ばかりだろう、と期待するのは当然です。

それ故に期待が外れたときの裏切られた思いと失望感は大きいのです。しかも1冊だけでなく2冊なのですから。

76×2の作品のうち良かったのは僅か20作品程度


期待外れとはいえ、2冊各々の76編の中には良い作品もありました。でもその数は各10編程度ですから、ベストエッセイ集としては多いとは言えません。

では10編以外がすべて悪いかと言えばそうではありません。それ以外では約30編ぐらいは、まずまずという出来栄えの作品でした。

ということは残りの30以上の先品が面白くなかったということになります。

まったくその通りで、約半数弱の作品は駄作と言ってもいいような、どうでもいいようなテーマのつまらない作品でした。

出版社に問題があるのだろうか


エッセイでつまらない作品を読んだのは今に始まったことではありません。この作家ならと期待して読んだエッセイ集が期待外れだったことはこれまで数限りなくあります。

しかしそれらの多くは個人のエッセイ集で、今回のようなベストエッセイと銘打ったアンソロジーではありません。

個人のエッセイ集なら、小説が上手な作家も、エッセイとなるとそうはいかないのかも、と思ってあきらめがつきます。

しかし今回は違います。なにしろタイトル「ベストエッセイ2014&2015」なのですから。

期待が裏切られたのはいったい何に原因があるのでしょうか。まずその一つとして考えられる問題はこの本を出した出版社です。

これを出版したのは光村図書出版というところです。光村図書、あまり聞かない名前です。

一般的にこうした文芸書は、文藝春秋、講談社、新潮社、集英社あたりが出版するのが普通です。

でもそうではなく、光村図書というあまりなじみのないところなのです。

光村図書は教科書など地味な出版物が多い出版社です。したがって文芸書担当の良い編集者に恵まれていないことも予想できます。

こうした点からもエッセイ集など文芸書の出版には不向きなのではないでしょうか。

選考委員は立派なのだが


次に問題になるのは、掲載作品を選んだ選考委員です。選考委員のメンバーは次のようになります。

編纂委員/角田光代,林 真理子,藤沢 周,町田 康,三浦しをん

いかがでしょうか?このメンバーは、5名とも実力派の人気作家ばかりです。

エッセイの上手な人ばかりですから、選考委員として何ら遜色はありません。

ということは、選考委員の問題ではなさそうです。

純文学雑誌や日本経済新聞から選ばれた作品が多い


2冊に収録されたエッセイは発行年の前年である2013年&2014年中に新聞や雑誌などに掲載されたものの中から選ばれています。

各々の作品の後に掲載された新聞名や雑誌名が記されていますが、それらの中で目立つのは日本経済新聞と純文学系の雑誌で、一般紙や大衆文学系の雑誌が少ないのはなぜでしょう。

この偏りにも、面白くない作品が多い何らかの原因があるのかもしれません。