2014年4月9日水曜日

大学生の喫煙率 ・ 偏差値と喫煙率は見事に一致する



東大生(3、4年生)の喫煙率

・法学部(932名)    喫煙者 155名    17 %

・医学部(144名)    喫煙者 16名     11 %

・工学部(1571名)   喫煙者 224名    14 %

・文学部(438名)    喫煙者 115名    26 %

・理学部(434名)    喫煙者  37名     9 %

・農学部(366名)    喫煙者  86名    23 %

・経済学部(598名)  喫煙者  154名    26 %

・トータル(4679名)  喫煙者  810名    17 %



まず上の表を見てください。少し古い統計ですが東京大学の3、4年生の学部別喫煙者数です。


これを見ると、最も喫煙率が高いのが経済学部の26%で、逆にもっとも低いのが理学部の9%です。


これを見て明らかなことは学部の偏差値が高くなるにつれて喫煙者が減る、という点です。


ここには偏差値は書いてありませんが、予想の範囲で言えば、偏差値が低いほど喫煙率は高くなり、高くなるほど低くなっているのです。


これで分かるとおり<大学生の喫煙率は偏差に準ずる>と言って間違いないのではないでしょうか。


これは次の表を見れば更によく分かります。下の表はある医師が調べた結果で、名前は出していませんが5つの大学別の喫煙率です。


これには偏差値が書かれていますが、だいた東大のケースとほぼ同じような結果になっています。



5つの大学による・大学生男子の喫煙率比較

A大学(偏差値60以上)      喫煙率27%

B大学(偏差値57〜60程度)   喫煙率28%

C大学(偏差値53〜56程度)   喫煙率28%

D大学(偏差値47以下)      喫煙率66%

E大学(偏差値45〜50程度)   喫煙率50%


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また喫煙率についての河合塾の調査では、喫煙者、禁煙者、非喫煙者とを比較すると
合格率が 非喫煙者>禁煙者>喫煙者 と有意に変化するそうです。


以上、yahoo!知恵袋 一部引用

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

薬学部と理学部のデータが抜けているのはなぜでしょうか?
こちらのデータを元にしているのだと思いますが、恣意的な加工と疑われかねません。